ワイヤレスで充電したい!

Qiワイヤレス充電器

ワイヤレスで充電したい!でも「Qi」ってなに?と疑問なアナタへ

更新日:

「ワイヤレス充電」という言葉を見かけることが多くなりました。充電ケーブルをコネクタに接続しなくても、充電ができるというスグレモノですが、実際にわたしの持っているiPhone(iPhone6)は対応していないとのこと。

実は、ワイヤレスで充電できるのは「Qi」対応の機種であることが条件でした。

そこで今回は、「Qi」について、仕組み・注意点・対応機種をまとめてみました。ワイヤレス充電はとっても便利。日頃の充電ストレスを軽くしてくれる可能性があります!

「電磁誘導」「磁界共振」の2通りで構成

「電磁誘導」「磁界共振」

Qiとは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium)が策定したワイヤレス給電の国際標準規格のこと。現在は、スマホ・iPhoneを対象とした15W以下の低電力向け規格が策定されていて、その仕組みは主に2つで構成されています。

電気をコイルからコイルへと誘導する「電磁誘導」

電気を受ける側(スマホ)・流す側(充電器)。双方にコイルが内蔵されています。電磁誘導は、その2つを接触させて電力を供給するという仕組み。接触部分がずれていると、充電できません。現在のワイヤレス充電器はコイルを複数内蔵しているものが多いので、スマホを置ける位置が広くなっていたり少しずれても充電できたりしています。

両側のコイルに同じ周波数で伝える「磁界共振」

電磁誘導と組み合わせて、さらに充電の性能を高めているのが「磁界共振」。電気を送るために、電流を流すときに発生する磁場を利用しています。磁場は特定の周波数を発振していて、回路が統一されている機器に同じエネルギーを伝えます。

つまり、充電器で発生した電気がそのままのパワーでスマホへと伝わるということ。電磁誘導よりも伝送距離が長いので、充電の効率がアップします。

スマホ・iPhone対応機種

どんなスマホ・iPhoneがワイヤレス充電できるかどうか。2018年1月現在で、可能なモバイル機器を調べてみました。

その結果、NTTドコモをはじめau、Softbank、イー・モバイル、ノキアなどたくさんのモバイル機器がワイヤレス充電に対応していることがわかりました。

急速充電ができる「Qi」対応機種

従来のワイヤレス充電はケーブル充電と比べて充電速度が遅かったのですが、現在は急速で充電ができるようになりました。いま使用中のスマホは利用できなくても、次に購入するときは下記のようなモバイル機器を選べば、急速でワイヤレス充電が可能です。

  • Galaxy S7
  • Galaxy S7 Edge
  • Galaxy S8
  • Galaxy S8 Plus
  • Galaxy Note 8
  • iPhone 8/8Plus
  • iPhone X

「Qi」は後付け可能

Qi非対応のモバイル機器でも、コイル内蔵の充電レシーバーを取り付ければワイヤレス充電ができます。方法は、スマホ・iPhoneのコネクタ部分に専用のプラグをさし込むだけ。

商品のなかには、Android端末&iPhoneや、Android端末・iPhoneどちらか一方に対応しているものがあるので、購入の際は注意が必要です。

使う際に注意すること

ワイヤレス充電をするときの注意点をまとめてみました。

充電中はスマホを動かせない

充電中はスマホを動かせない

もともと、充電中はバッテリー内部が発熱しやすく操作するのはスマホ・ケーブルの故障の原因になるといわれています。でも、充電中にスマホを移動させたり片手に持って調べものをしたりする場合もありますよね。

ワイヤレスの充電中はコイル同士を接触させる必要があるので、手で持ってスマホを操作しながらの充電ができません。置きながら操作はできますが、片手に持ちながら充電することは不可ということ。でも、動画の視聴など画面を見るだけならOKです。

ワイヤレス充電は、仕事中・就寝中などスマホをいじらないときの充電に向いています。また、スマホをななめに置けるタイプもあるのでそれを使えば画面が見やすくなります。

ケースが充電の妨げになるかも

ケースが充電の妨げになるかも

スマホ・iPhoneの画面や本体を守るために、多くの人が「ケース」「カバー」を取り付けているのではないでしょうか。実は、それがワイヤレス充電の妨げになる可能性があります。また、指を入れてスマホを持ちやすくするバンカーリングはワイヤレス充電ができません。

というのも、金属製のものや厚さによっては電気が供給できないため。まとめると、

  • ソフトケース
  • ハードケース(ポリカーボネート)
  • ガラス
  • 手帳型(厚さ3mm以下)

が充電可能で、

  • 手帳型(厚さ3mm超)
  • バンパー(アルミ)
  • アルミパネルケース

は、充電不可、または充電速度が遅くなります。

おすすめワイヤレス充電器

では、おすすめワイヤレス充電器をご紹介していきましょう!

Anker PowerPort Wireless 10

Anker PowerPort Wireless 10 (10W プレミアムワイヤレス充電器) iPhone X / 8 / 8 Plus / Android Qi対応機種 A2513011

Amazon第1位の充電製品ブランド「Anker」が販売しているワイヤレス充電器。従来と比べて最大2倍の急速充電が可能です。充電中は、本体の側面にある青いLEDでお知らせ。点々としているのでなんだかオシャレです。また、表面はすべり止め加工がされているので、スマホの位置ずれを防ぎます。

Anker独自のマルチ保護技術で、温度管理・サージプロテクター・電子回路のショート防止の保護機能を内蔵。長く安全に使える商品です。

NANAMI Qi 急速 ワイヤレス充電器

Qi 急速 ワイヤレス充電器 NANAMI Quick Charge 2.0 二つのコイル ワイヤレスチャージャー 置くだけ充電 Galaxy Note8/S8/S8 Plus/ S7/S7 Edge/Note 5/S6 Edge Plus/ iPhone 8 / iPhone 8 Plus / iPhone X/他Qi対応機種 USB付属 qi 充電器

スマホがななめに置けるタイプのワイヤレス充電器。従来と比べて最大1.4倍の急速充電が可能です。コイルを2つ内蔵していて充電範囲が広いので、スマホがパッと置けて便利!充電中にスマホがずれても停止しにくく、また、スマホを置く箇所にゴムがあるので傷がつきにくくなっています。

YURI-shop モバイルバッテリー ワイヤレス充電 Qi/10000mAh

モバイルバッテリー ワイヤレス 充電 Qi 10000mAh 大容量 軽量 2USBポート 急速充電 スタンド機能付 iPhone X / iPhone8 Plus/ Galaxy Note 8 / Galaxy S6 S7 / Galaxy S8 Plus など対応 YURI-shop (10000mAh, ブラック)

モバイルバッテリー型のワイヤレス充電器。出張・旅行・毎日の外出時に、ワイヤレスで充電が可能です。10000mAhの大容量&出力2AのUSBポートが2つあるので、3台同時充電も可能!表面上部には、LEDで電池残量がわかりやすく表示されています。

過充電・過放電などのトラブルから機器を守る8大保護機能を搭載。スタンド足が付いているので、スマホを横置きに立てながら画面を見ることができます。

この商品は現在取り扱いされていません

M-Teco 車載ホルダー Qi急速360度回転 ワイヤレス充電器

M-Teco 車載ホルダー Qi急速 360度回転 ワイヤレス充電器 高速 取り付け簡易 強力固定 車載ワイヤレスチャージャー iPhone8 / iPhone8Plus / iPhone X / Galaxy 多機種対応 (ブラック)

車の中でスマホを安全にワイヤレス充電するならこちら。取り付けは、エアコンのルーバー部にさし込むか、両面テープで好きな位置に貼り付けるかを選べます。360度に回転できるので、見やすい角度・向きに調整可能。過電流・過電圧・過熱・ショートを防ぐ安全保護機能を搭載しています。

充電がものすごく楽になる時代へ

現在のワイヤレス充電は、充電器と直接接触させて充電をするスタイルがほとんどです。それはQiの規格が小電力なため。今後、Wi-Fiのように家に帰るだけで勝手に充電が始まるようなワイヤレス充電器も出てくることでしょう!カフェでフリーワイヤレス充電も普及するかもしれませんね。

ワイヤレス充電器は、ケーブルをさし込む動作が必要なくパッと置けるので時間短縮&ストレス軽減!また、充電ケーブルが故障したときに、一時的に充電を復活させてスマホのデータがバックアップできます。

今後当たり前になるかもしれないワイヤレス充電。ぜひ活用してみてくださいね!

-Qiワイヤレス充電器
-,

Copyright© Gadgerich(ガジェリッチ) , 2018 All Rights Reserved.

MENU