モバイルバッテリーが電気用品安全法の対象に!

トレンドニュース

ついに、モバイルバッテリーが電気用品安全法(PSE法)の規制対象に!

更新日:

2018年2月1日、経済産業省は電気用品安全法の「電気用品の範囲等の解釈について」を一部改正。ポータブルリチウムイオン蓄電池(モバイルバッテリー)が電気用品安全法(PSE法)の規制対象になることを発表しました。

つまり、モバイルバッテリーの「粗悪品がなくなる」ということ。

製造・輸入業者は、PSEの適合基準を満たすこと・検査記録の保存が義務化され、消費者は安全なモバイルバッテリーが手に入りやすくなります。

理由は発火事故の多発

モバイルバッテリーを

今回の一部改正は、リチウムイオン電池を使っているモバイルバッテリーなどの発火・発煙事故が増加しているため。東京消防庁でも、2017年12月22日にリチウムイオン電池の取扱いについて注意換気をおこなっています。

全火災件数 (内)リチウムイオン電池 (内)モバイルバッテリー
2016年 4,433 26 4
2017年 3,585 50 12

上記のとおり、全火災件数のうち、リチウムイオン電池が原因による火災が2017年は25件も増加。そのうちモバイルバッテリーが原因による火災も大幅に増えています。

また、スマホやタブレットなどに接続してふつうに使っていた場合と、過充電などで誤って使っていた場合とで、以下のような件数が発表されています。

モバイルバッテリー (内)通常使用 (内)誤使用
2016年 26 15 11
2017年 50 33 17

意外にも、火災なんて起きないだろうと正しい使い方をしながら発生した火災が多いんですね。これは、本体そのものに発火の原因があるということ。それがリチウムイオン電池がPSEの対象になる原因となっているようです。

2017年に発生した発煙事故について、こちらの記事でまとめています。

目印は「PSEマーク」

これなら大丈夫!

出典元:一般財団法人日本品質保証機構(2018年2月5日時点)

PSE法に適合した製品には、このような「PSEマーク」が表示されています。現在もこのマークがあるモバイルバッテリーがありますが、これは製品自体の安全性ではなく、モバイルバッテリーに付属したLEDライトなどが対象であるとか。

モバイルバッテリーを選ぶときは、安全・安心な製品である目印としてPSEマークをチェックするようにしましょう。

完全施行は2019年2月1日から

さて、今回の一部改正が完全に施行されるのは2019年2月1日から。今年2018年に発表してから、まる1年の経過措置があります。

製造・販売メーカーは、PSEマークを取得するために、経済産業局等への届出や出荷前の最終検査記録の作成&保存をするなどの義務があります。あわせて、商品パッケージなどへの表示も。その市場への影響を考慮した1年間となっています。

みんなが使うからこそより安全に

PSE法の規制対象になったモバイルバッテリー。多くの人に使われるようになったからこそ、PSEによって厳しく管理されるようになったんですね。今回の一部改正で、とてつもなく激安な製品や販売メーカーが不明なモバイルバッテリーは目にすることがなくなりそう。私たちは、より安全・安心なモバイルバッテリーが使えるようになりますね。

安全・安心な「PHILIPS」モバイルバッテリー

モバイルバッテリーの選び方のポイントとして、重要なのが「安全性」。大手メーカーでは、出荷前のテストクリアやメーカー独自技術の保護回路搭載をして、安全・安心に使える製品を販売しています。

安全な電池を重要視している「PHILIPS」

PHILIPS

出典元:PHILIPS(2018年2月5日時点)

電気シェーバーやノンフライヤーなどで世界各国に販売実績のあるPHILIPS。昨年2017年、モバイルアクセサリを日本に初上陸させました!

PHILIPSのモバイルバッテリーはリチウムイオンポリマー電池を使用。主要原材料であるコバルト酸リチウムは純度100%のものが使われていて、エネルギー密度が高く約500回充放電しても約75%の容量を保てるという高品質です。

また、外部衝撃・圧迫に強いセラミックスコーティングセパレータを電池内部に採用。電池の実装前に安定性・安全性・耐久性を確実なものにするため、エージング処理を2回実施しています。

PHILIPSのモバイルバッテリーはもっとも重要な部分を電池とみなし、厳しい基準をクリアした部品のみを採用。購入した人が大満足すること間違いなしです!

Amazonでの購入はコチラ

-トレンドニュース
-, , ,

Copyright© Gadgerich(ガジェリッチ) , 2018 All Rights Reserved.

MENU