Impressions

モバイルバッテリー

PHILIPS|モバイルバッテリーDLP6100【実際に使ってみた】感想と利点・欠点。

更新日:

前回、PHILIPSのLightningケーブル内蔵型モバイルバッテリー(DLP6100)を開封レビューしました。

それから毎日使い続け3ヶ月経過した現在、性能や使い勝手などについての良い点・悪い点を実感しています。

そこで今回は、

「フィリップスの商品って実際どうなの?」

「ケーブル内蔵型って実際どうなの?」

と、モバイルバッテリー選びに悩んでいるアナタへ。私が実際に使ってみた結果をご報告!

DLP6100の購入はもちろん、ケーブル内蔵タイプの似たようなモバイルバッテリーの購入を検討中の人も、ぜひ参考にしてくださいね。

【基本スペック】PHILIPS|DLP6100

フィリップスモバイルバッテリーDLP6100

  • バッテリー容量:10000mAh
  • 入力:DC 5V/3.8V
  • 出力:DC 5V 2.1A(USBポート)
    DC 5V 1.0A(MFi認証取得済Lightningケーブル)
  • サイズ:(約)縦136×横72×高さ13.9mm
  • 重さ:206g
  • 付属品:MicroUSBケーブル×1本

利点|ケーブル持ち出しの手間なし!

Lightningケーブルがついていることで、iPhoneやiPadの充電はコレ1台でOK!余計なものを持ち歩く必要がありません。本体は持って出たけど、ケーブルを忘れた!という失敗。多くの人が経験をしているようです。

本体・充電ケーブルがそれぞれ別々の場合は、両方を用意する必要アリ。ケーブル1本分が荷物にプラスされるので、少し邪魔に感じるかもしれません。

また、iPhoneを充電したいときにケーブルをサッと取り出せるのでとてもラク!USBポートに表裏を考えながらさし込む・・・という面倒な動作が省けます。

利点|ケーブルが絡まない!

cable

ケーブルの長さは、約12cm。iPhoneと接続中も画像のように折れ曲がる程度なので、ケーブル自体の絡まりや、ほかのものとのひっかかりがありません。コンパクトに持ち歩けるので、見た目もスッキリしています。

利点|重ね持ちしやすい!

DLP6100は、iPhoneと似て長方形。わたしのiPhone6sとちかいサイズなので、とても重ね持ちがしやすいです。充電をしながら手にピッタリフィット。無駄なすき間もなく、誤って落としてしまう確率が低いと思います。

利点|ツヤ感MAXで高級感!

Gloss feeling

DLP6100の価格は9,980円(税込)。実際、高級といわれる金額だと思いますが、見た目・性能ともにそれ以上を上回っています!

特に、デザインの部分ではツヤツヤ&ツルツルなUV塗装の表面が魅力的。ほこりやちょっとしたインクなど、指でこすれば簡単に落ちます。

指紋も気にならないので、常にキレイな見た目を保っていられますよ。持ち歩いていても、まったく恥ずかしさを感じさせません!

利点|本当に熱くならない!

ACアダプターでの充電中に熱くなるのと同様、DLP6100での充電中も実際は熱くなるのでは?と思っていました。しかし!ぬるくもならず冷たさを保ったまま。モバイルバッテリーの発火・爆発事故が年々増加していますが、まったく心配ありません。

DLP6100は、過充電・過放電・過電圧・過電流・過温度・ショートを防止する安全制御チップ搭載し、万が一にそなえて難燃材を使用。安心して使えるモバイルバッテリーです。

利点|チャージ回数が少ないからラク!

Number of charges

私は月~金とほぼ毎日のように使っていますが、チャージ回数はなんと週に1回!金曜日の夜、自宅で満タンに補充しています。面倒くさがりの私にとって、帰宅後のチャージは少しわずらわしい・・・ので、とても助かっています。

DLP6100のバッテリー容量は、スマホ約4回分の大容量タイプ。1日1回使っても、残量表示のLEDランプは4つ点灯したままのことが多く、毎日帰宅してチャージ・・・という面倒さがありません!

欠点|ちょっと重たい

heavy

重さは206g。画像のように、ペットボトル500mlをこれくらいまで減らした重さと同等です。

「軽量の範囲内」といわれている206g。実際は、女性で握力の低い私には少し重たく感じます。本体だけならまだしも、重ねて持つときが特に!本体+iPhoneを同時に持って電話をすると、腕が疲れてしまいます。

欠点|充電速度が遅いかも

充電完了までの速度。私自身はこだわりがなく、実際、問題なく使えています。でも、充電スピードの速さを重視したい人には不向きかもしれません。

2台同時に充電できるDLP6100。

各出力は、

  • Lightningケーブル:1.0A
  • USBポート:2.1A

iPhone1台をLightningケーブルで充電する場合は、出力1.0Aになります。急速充電は2.0A以上が基準なので、少し遅く感じるかもしれません。急速充電をしたいなら、USBポートからケーブルをつなげて使用すればOK!

欠点|防水じゃない

waterproof

DLP6100は、防水加工がされていません。

私はまだ「濡れる」場面には出くわしていませんが、雨の日や雪の日に外で使うときにはかなり注意が必要だと感じます。

愛用できるモバイルバッテリー!

DLP6100は、

  • 面倒くさがり
  • 物を大切にして長く愛用したい

このような人にピッタリなモバイルバッテリーです!3ヶ月経ちましたが、メリットが多いので不便さをほぼ感じることなく、毎日仕事のお供としてデスク上に置いてあります^^

高級感満ちあふれるデザインもおしゃれで大のお気に入り!これからもずっと使い続けていく予定です。

モバイルバッテリー選びに悩んでいるアナタ。DLP6100をぜひ使ってみてくださいね^^

-モバイルバッテリー
-

Copyright© Gadgerich(ガジェリッチ) , 2018 All Rights Reserved.

MENU